child-room子供が支度しやすい部屋作り 我が家の実例
子供が支度しやすい部屋作り 我が家の実例

子供が進んで行動する「おしたくボード」でママのイライラも解消

「やる事」を「見える可」したおしたくボード

長女が年長、次女が4歳の時、私は毎日怒鳴っていました。

朝は、

早く着替えて!

早くご飯を食べて!

薬のんだ?!

歯磨きを忘れないで!

給食セット、バッグに入れた?!

 

夜は

早く歯磨きして!

早くお風呂に入るよ!

自分の洗濯物はしまって!

明日の着る服は用意した?!

部屋を片付けて!

最後には「なんでやんないのよ!!!!」と怒鳴り散らしていました。。。

 

これではいけないと思い、どうしたら私が怒鳴らなくても子供が動いてくれるか考えました。

 

子供の気持ちになると

・いちいちママに言われたくない

・やる事が沢山あるので、何をやって良いのか分からない

・支度や片付けは面倒くさい

・それより遊びたい

 

ママの気持ちは

・自分から進んで動いてほしい

・私も忙しいのに、子供にいちいち指示していられない

・子供が何をやらなくてはいけないか把握できていない

 

これらの問題を解決するために、私は子供がやる事を「見える可」しました。

それが「おしたくボード」です。

おしたくボード

毎日の「やる事」を「見える可」する事で、子供はママに言われる事無く、何をやれば良いのか分かります。

やり終えたらひっくり返すので、面倒くさい支度や片付けもゲーム感覚で楽しんで出来ます。我が家は姉妹で競争してやります。

 

おしたくボード

やる事が全部終わって、シートを全部ひっくり返せば、残った時間は自由に遊べます!

我が家はご褒美にゲームを30分やって良い事になっているので、子供達はものすごい勢いで終わらせます^^b

 

ママにとっての良い事は

子供が何をやればいいのかいちいち聞きに来なくなったので、イライラしなくなりました。

支度のやり忘れが無くなり、寝る前になって「あ!!!歯磨きしてないじゃん!!!」と怒る事が無くなりました。

 

おしたくボードを始めてから怒る回数が減り、私のストレスも無くなりました!

 

おしたくボードの作り方

材料・マグネットシートホワイトボード(全てダイソー)

マグネットシートをカットして、表にやる事、裏に好きな言葉(例えば、よく頑張りました)を書く。

私はやる事をテプラでうって、裏は長女が「よくできました」と書きました。

お支度ボードは子供と一緒に作ります

子供と一緒に作るとやる気がアップします。

 

何歳から始めればいいの?

次女が4歳の時に始めました。

その時は字は何となくしか読めませんでしたが、毎日やっていると覚えてきます。

小さいお子さんは絵を貼ってあげると分かりやすいですね。

 

何を書けばいいの?

ママが子供にやって欲しい事を書いて下さい。

私は生活の基本を身に着けて欲しかったので「片付け、はみがき、あしたのじゅんび、せんたくもの、おふろ、などのシートを作りました」

年齢が上がるにつれてやる事も増えるだろうし、内容も変わるので、その都度修正してください。

 

おしたくボード

始めた頃はやる事の内容は長女と次女は一緒でした。

今は、長女に宿題、自主勉、が加わっています。

 

習慣にする事が大事・ママの見守りと声がけ

おしたくボードを初めて2年以上経ちます。

最近はボードが無くても進んで出来る様になりました。

 

ポイントは毎日続ける事。

毎日毎日続ければ、それはいつか習慣になり、自然と体が動くようになります。

 

また、習慣にするにはママの「見守りと声掛け」が大事です。

子供はママに見て欲しいし、褒めて欲しくてたまりません。

「おしたくボード、どこまで終わった?」「あと少しだね頑張って」と声をかけてあげて下さい。

 

「自分の事は自分でやる」は自立への第一歩です。

お子様の成長を応援するお支度ボードはとてもお薦めです^^

Category : 子供が支度しやすい部屋作り 我が家の実例

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

n-style-user

ブログ一覧へ戻る